創始者と日本尚美会の歴史

創始者と日本尚美会の歴史

映画界でうまれた基礎理論

創始者・松島茂雄 会主は、阪急=東宝の総師である小林一三氏の応援により、東宝映画撮影所・美粧部で勤めるかたわら、慈恵医科大学などで研究、人間をトータルに見つめた「個性美学」理論をまとめあげます。
当時は、映画と一緒に欧米から新しいヘアーデザインやメイクアップ技法が次々と入ってきた、美容業界に熱気あふれる時代でした。

しかし研究や指導の過労から体調を崩して入院。美容講師として独立することを決心した会主は、東宝映画を退職。大阪・京橋で第1回の美容講習会を開きます。

個性美学の普及

1961(昭和36)年2月3日に大阪で開かれた講習会が『日本尚美会』の誕生の日。受講生はわずか4人でしたが、その後、京都、久留米、長崎、東京、名古屋など、美容師・理容師を中心に定例勉強会を開くグループが全国に生まれてゆきます。

創始者・松島茂雄 会主講習会や美容ショーの開催、通信講座の発行などを通じて、日本各地で人材の育成につとめました。
1966年に「人相と骨」をテーマにテレビに出演し、以来多くのテレビ番組に出演することになります。また翌年の「顔の秘密」(池田書店刊)の出版をもって理論体系が完成。普及にも弾みがついて、さまざまな団体への講演が増えてゆきます。
1969年に東南アジア5ヶ国へ「日本尚美会・美容使節団」を結成して訪問。美容会の国際交流の先駆けとなります。以後12回にわたる使節団の派遣や、留学生の受け入れなどの活動に対して、各国政府や王室、団体などから多くの表彰を受けています。

ブライダルショー開催△ブライダルショー(1964年)

△ヨガ健康法でテレビにレギュラー出演(1970年代後半)。全国にヨガブームを巻き起こす

姉妹団体の発展

レギュラー番組また、研究テーマのひとつとして婚礼衣裳の着付けやコーディネイトに取り組んでいたメンバーから、きもの着付けの教育団体『尚美流 全日本和装協会』が誕生しました。
同時に“内面美容”を課題にエステ分野(美顔術)の研究から健康法としてのヨガを学ぶグループから『個性美学研究所』が発会します。

精神世界の探求

醍醐寺で得度します。法名「慶信」。徳島に千光院を得て、個性の秘密を精神世界から探求する新たな旅を始めます。
しかしその2年後、若いときから傷めていた腎臓が悪化、1982年11月2日、享年58歳で遷化。
タイの古都・アユタヤの寺院には、会主を偲ぶ地元の方々の協力によって慰霊碑(パコダ)が建立されています。

理論の充実と応用

創始者の死後、松原安治二代目会長により実践的な理論体系を完成させる作業が続けられました。
新三桁目」、「PICS」など、純粋理論を守りながら時代の要請に応じた理論の活用を提案しています。
また講師育成と「個性美学研究所」の開設、講演活動などをおこなっています。

*「個性美学」「相環表」などは尚美会グループの登録商標です。この理論の一部を用いた出版、講演などを希望される際は、かならず尚美会グループ本部事務局まで事前に申請して認可を受けてください。

*アーカイブ(写真集)



http://www.koseibigaku.jp/staticpages/index.php/shobikai